-

私たちが呼吸をする時には、当然肺を用いることになります。アンパンマン ケーキ

空気が肺に到達するまでには、必ず気管を通過する事になります。単身引越し 安い

喘息という症状は、その気管に不具合が発生した事で生じるものです。

例えば、何か身体にとって異物と思われるものがその気管の部分に到達したとします。

それを察知した気管は、直ちにそれを排出しようとします。

ところが排出時に、気管が狭まってしまうことが有るのです。

今までに比べて気管が大きくせばまってしまうことにより、喘息という症状が発生する訳です。

多くの場合、その気管の内壁部分に対して痰が付くと言われています。

ですので直接の原因は、そもそも体の中に入ってきた異物が原因です。

そして症状としては、呼吸時に特殊な音がします。

普段呼吸をする時の音とは、ちょっと異なる音が発生するわけです。

そのような症状が発生した場合には、やはり医師に見てもらうのが妥当だと思います。

ちなみに喘息のための診療科目は、呼吸器科もしくは内科です。

Category

リンク