-

愛車を売却するときや、それから車の買取の際も印鑑証明書が必要です。77-7-92

この印鑑証明に関して解説していきます。77-10-92

印鑑証明書とは、ある印鑑が実印で間違いないことを保証するための書類です。77-18-92

印鑑証明がなければ、その印鑑について実印として効力を持つという事実が証明できません。77-14-92

決して小さくない商談になる車両の売買ですから、必然的に実印が要ることになりますがそれと同時に印鑑証明書が要るのです。77-5-92

この印鑑証明をつくるためには印鑑証明する必要があります。77-8-92

印鑑証明書に登録する印は実印と言われ同じものが二つとないはんこであることが必須です。77-15-92

実印を用意してお近くの市役所などの受付に行くことで、すぐに印鑑登録できます。77-11-92

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードを発行してもらえて登録した印は実印として使えるようになったということになります。77-6-92

印鑑証明書を発行してもらうには、市町村役場の取次ぎ所へ行き、専用の用紙に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを出すだけです。77-2-92

また自動交付機でも印鑑証明書を交付する事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

ですので、どれだけ前の印鑑証明であってもその効力はあるということです。

しかしながら、クルマ買い取りの際には、必要となる印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

ほとんどの場合有効期限などはないのですが所有車の買取のときには店側が有効期限を設定していますので仮に車両の売却を予定しているとしたら売却前に手元に置いておくことが望ましいです。

Category