-

日刊紙の宣伝、スポーツ新聞紙、電話ボックスに張り付けられた宣伝チラシやDMで、「負債の整理整頓任せなさい」「多重借金をまとめたいですよね」というような惹句を見かけることがよくあります。これらは、「整理屋」「買取専門人」「つなぎ業者」と呼ばれる会社の嘘広告のときがあるということなのです。これらを申し込んだ場合は破産手続きの中で最重要な免責許可を手に入れられなくなる恐れもありえます。「整頓屋」というのは、チラシなどで多重債務者をおびきよせ、高い代金を受け取って債務整理を行いますが現実には借金整理は行われないで、債務人はもっと借金地獄にはまってしまう結末がほぼすべてと言えます。「買取屋」の場合は、負債人のクレジットカードで電化用品、電車の利用券をたくさん注文させて借金者からそれらの品物を購入額の10%〜40%で買い上げるという方法のようです。債務者は一時は小金がもらえますが、そのうちカード企業経由で商品価格の定額の催促がきて、借金を増やすことになってしまいます。クレジットカード企業へ詐欺に当たるとされて免責許諾をもらえなくなります。「つなぎ業者」では、大企業の貸金業者から借りられなくなった借金人に関してダイレクトな金貸しは全くせずに、提供をしてくれる関係無い貸し手を教え、常識外の手数料を受け取る企業です。つなぎ屋は自らの経由でお金を貸し出しが受けられたように説明しますが本当は何もしていなくて、ただ選考の通りやすい企業を把握しているだけというやり口です。このケースだと本当は負債額を拡大させる結末となります。

Category

リンク