-

占いは信用していないという人もいる一方、なんらかの根拠を感じ信じてる人もいます。今ではある程度定着した感じがあります。 一時期、血液型占いが有名になりましたが、これは日本独自のものであり海外では不思議な目で見られるそうです。どこかへ行くと必ずと言っていいほど、あなたは何型?というような話題を振られていた人も多いと思います。 そんな私もやはり学校に行っても仕事に行ってもそんな話題ばかりの時期がありました。正直言うともう疲れたので勘弁してというのが心の声でしたが、初対面だったりした場合は会話がない場合があります。 こういった会話の無い時というのは相手の情報が無いという事でもあります。そうすると場が固まってしまい緊迫感が生まれます。こういう状況の時に血液型の話をされる事が多くそれを考えるとしょうがない事なのかなと思って割り切るようにしていました。 今はだいぶ落ち着いてるようですが1度はどこかで聞いておこうという人が多いように感じます。

Category

リンク